弥生賞(GⅡ)カントル

サートゥルナーリアが皐月賞に直行。ホープフルS(GⅠ)③着で実績上位のニシノデイジー、⑤着ブレイキングドーンが出走を予定しているが、先週のすみれS(OP)で1.5倍の断トツ1番人気に推されたホープフルS②着のアドマイヤジャスタがサトノルークスに完敗。着差以上の強さだったサートゥルナーリアを除く、ホープフルSの②着以下のレベルに疑問符が付く結果となった。

この結果を踏まえたうえで今週の弥生賞。皐月賞に向けて、無敗の新星の登場に期待したいところだが…。ここであえて注目したいのはこれまで4勝2勝、Mデムーロ騎乗予定のカントルだ。成績的には底が割れている印象を受けるが、デビューから3戦は気性の若さが目立ち、全く真剣に走っていなかった。その状態で2走前の阪神1800m、500万では先に挙げたすみれSの勝ち馬サトノルークスと0秒1差の③着。サトノルークスが内をロスなく回ったのに対して、カントルは道中は外目で掛り気味、4コーナーでも大外を回るロスの大きいレースだった事を考えると、非常に高い能力を示した結果だったといえる。

その能力を証明したのが、前走のセントポーリア賞だ。チークピーシーズを着用したことで、バラバラだった走り方も改善し、レースぶりが大幅に良化した。直線に入り、ラスト250m付近までは追い出しを待つ余裕。抜け出してソラを使うようなところを見せたぶん、②着との差は少なかったが、それ以上の強さを感じさせた。その②着馬アドマイヤスコールは次走ですでに水仙賞(500万)を勝利している。新馬戦以来のMデムーロ騎乗になるが、若さの残る気性を考えると、追える鞍上はプラスになるはず。兄ワグネリアンは昨年の弥生賞で②着に敗れたが、この馬にはそれ以上の走りを期待したい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました