3月23日(土)毎日杯(GⅢ)について。注目馬は…

17年の勝ち馬は次走で皐月賞(GⅠ)を勝つアルアイン、昨年の勝ち馬は3才で有馬記念(GⅠ)を勝利したブラストワンピースと、2年連続でGⅠ勝ち馬を輩出。過去にはオグリキャップテイエムオペラオークロフネキングカメハメハディープスカイキズナなどの数多くの名馬がこのレースを勝利しています。正直GⅡに格上げしてもいいんじゃないかと思うくらいのレベルです。

今年のメンバーを軽く眺めてみると少し小粒?かなぁという印象があったんですが、大物になる可能性がある馬…と考えるとこの馬しかいないのではないかと思います。

注目はやはりダービー馬マカヒキの弟で1戦1勝のウーリリでしょう。初戦の内容を振り返ると…。

不安視されていたゲートをスンナリと決めると、5~6番手の外めを全く掛かるような仕草を見せずに追走。4コーナーまでに少しづつポジションを上げると、外からウーリリをマークするように進出してきた2着馬ミッキーブリランテの追撃を凌ぎ切って勝利。レースのラストの3ハロンが11秒7→11秒3→11秒2の加速ラップだった事が、奥を感じさせますし、ミッキーブリランテに一度並ばれてからもうひと脚使った内容も、余力のあった証明と言えると思います。馬体を併せてからの勝負根性もなかなかのものでした。更にはその2着ミッキーブリランテはその後、未勝利を楽に抜け出したあと、シンザン記念(GⅢ)では直線で一度先頭に並びかける見せ場を作っての3着。そのあと順当に500万を勝利しています。

ミッキーブリランテを比較の対象として考えても、高い能力を持っているのは間違いないのではないかと思います。

中間の調教内容は、先週までに併走馬を1秒以上も追走する併せ馬を2本消化しています。本数としては坂路とCWで合計8本と乗り込み量は十分、今週の最終追いで力を出せる状態に仕上がると思います。

ぜひ、ウーリリには無敗のままでクラシック路線に進んでほしいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました