今週の注目はダノンスマッシュ

今週末はいよいよ春のGⅠ第二弾高松宮記念が行われます。

注目を集めているのは1番人気が予想されるダノンスマッシュですが、この馬の成績を振り返って思ったのが、現4才世代の朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)のレベルの高さです。

その朝日杯で、メンバー中最速上がり3ハロンをマークした勝ち馬ダノンプレミアムは2週前に行われた金鯱賞(GⅡ)で、5才以上のGⅠ馬4頭相手に長期の休み明けを克服し、アッサリと勝利

2番目に速い上がり3ハロンをマークした馬が3頭いたんですが、そのうちの2頭、2着ステルヴィオは昨年秋のマイルチャンピオンシップ(GⅠ)で3才馬ながら古馬相手にGⅠを制覇

4着ケイアイノーティックは昨年のNHKマイルカップ(GⅠ)制覇しています。

そして最後の1頭が5着だった今週の高松宮記念出走予定のダノンスマッシュです。当時のレースぶりは、うまく内でロスの少ない競馬はできていましたが、出遅れてスタート直後は最後方、道中は4コーナー手前までリキんだ走りだった内容を考えると、高い能力示していたといえると思います。

折合い面をふくめて、気難しさがあったダノンスマッシュにとって1200mはとてもレースがしやすかったんだと思います。馬場が緩く、勝ち馬の流れだった3走前のキーンランドカップ(GⅢ)こそ2着に敗れましたが、今までスプリント戦では4戦3勝2着1回。特に前走は道中は他の馬と接触したり、直線はなかなか前が開かずに、ラスト200m手前でようやく外に出してからの差し切り勝ち。まさに着差以上の強さと言えたと思います。

海外も合わせてGⅠ6勝を挙げたロードカナロアをはじめ、GⅠ2勝カレンチャンなどの名スプリンターを育てた安田隆厩舎の管理馬だけに、今回もふくめてこれからの活躍に注目したい馬ですね。

シルクロードステークス(GⅢ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました