桜花賞(GⅠ)調教VTRを見て1週前追い切りを詳しく解説

先週に引き続きこの桜花賞(GⅠ)も先々も含めて非常に楽しみなメンバーが揃ったと思います。

それでは1週前追い切りVTRを詳しくチェックです!

アウィルアウェイ 3月27日栗東坂路4ハロン53秒3。前走の最終追いと比べると少しマシにはなっているが、力みのある走りで、重心が高い距離延長が課題になるだろう。

アクアミラビリス 3月27日栗東Cウッド6ハロン82秒台。Mデムーロ騎乗。エルフィンステークスから間隔が開いている事で、馬体減りの心配がなく、調整できている。むしろ前2走よりも中間の調教は強化できているくらいだ。弾むようなフットワークが目立ちますます良くなっている印象だ。

アズマヘリテージ 3月27日栗東坂路4ハロン52秒7。3才未勝利のメイショウセンテを追走する形。格下馬相手で先着は当然か。首をあまり使わない走法で、重心の高い走り。気性面にも課題を感じる。

グランアレグリア 3月27日美浦ウッド5ハロン69秒台。杉原騎乗。準オープン馬ハウメアと併せ馬で先行する形。2週前までは軽めの調整だが、馬体は細いくらいに仕上がっている。折り合いはシッカリとつき、動きは推進力にあふれている。今のテンションを維持できてるかが課題か。

クロノジェネシス 3月27日栗東Cウッド6ハロン83秒台。北村友騎乗。古馬500万条件ショージョータを追走。前走時の最終追い切りよりも、スムーズに折り合えている。一度使ってガス抜きができている印象だ。前回が実質追い切り2本で出走していたため、大きな上積みが期待できる。

シェーングランツ 3月27日美浦ウッド5ハロン67秒台。五十嵐雄騎乗。脚力のあるレッドゲルニカ(オープン馬)を追走したためか、直線は鞍上のアクションに反応し切れていない印象も受けた。もう少し素軽さが出て欲しいところか。

シゲルピンクダイヤ 3月27日栗東坂路4ハロン52秒6。渡辺調教師が自ら跨り、坂路の7分ところをリズミカルに駆け上がる肌ツヤの良さが目立ち、順当に上積みが見込めそうだ。

ジュランビル 3月27日栗東Cウッド6ハロン83秒台。3才500万条件馬タニノマイカと併せ馬で先行する形。素軽いフットワークで、余力を残して先着する。馬体はやや小さくまとまってしまった感はあるが、体調は良さそう

ダノンファンタジー 3月27日栗東Cウッド6ハロン78秒3。川田騎乗。馬力が強く、抑え切れずに掛かるくらいの行きっぷり。1週前としては速い時計を出し過ぎた印象もある。直線では舌を越す面を見せたのも気持ちが昂っている証明か。最終追いに注目したい。

ノーワン 3月27日栗東坂路4ハロン54秒1。3才未勝利ワンダータジャムを追走する形。併せた相手と見比べても、体幹の強さがわかる。少したぐるような走法や、胸前や肩の形を見るとスプリンターに近い印象を受けるが、これでマイルをこなせているのが身体能力の高さの証か。

ビーチサンバ 3月27日栗東Cウッド6ハロン84秒台。1000万条件馬スーパーフェザーを追走する形。併せたスーパーフェザーと比べても、馬っぷりの良さはヒケを取らない。ますます逞しくなっている印象さえ受ける。馬体が減る心配がなく、シッカリと鍛えられる点は大きな強みだ。

フィリアプーラ 3月28日美浦ウッド5ハロン68秒台。丸山騎乗。小柄な牝馬で仕上がりは早いが、その反面で、本数を含めて強い調教を課せていない点が気になる材料か。

プールヴィル 3月27日栗東坂路4ハロン53秒1。3才未勝利キービジュアルを追走する形。410キロ台の馬体重以上に大きく見せるフットワーク。馬体が減る心配もなさそうだ。

メイショウケイメイ 3月28日栗東Cウッド6ハロン84秒台。古川吉騎乗。馬体のラインはやや細め頭の位置が高く、仕掛けられてからもフォームが変わらずに、スピード感はもう一つか。

メイショウショウブ 3月27日栗東Cウッド6ハロン83秒台。松山騎乗。古馬500万リリーモントルーを追走する形。直線に入ってから内にモタれる面を見せる。まだ馬体に芯が通っていない印象も受ける。

ラヴズオンリーユー 3月27日栗東坂路4ハロン51秒4。坂井瑠騎乗。3才エスカレードフジを追走する形。追い出されると敏感に反応したり、まだ若い面を残しながらも、好時計をマークしている。デビュー戦できっちりと仕上げてくる厩舎ではないので、1戦ごとの上積みも大きい

レッドアステル 3月27日栗東坂路4ハロン51秒6。国枝厩舎お得意の栗東滞在。まだ真剣に走っていないような素振り。それでもバネのあるリズミカルな走り、小柄でも体幹の強さを感じる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました